57回目~!! 嫁入り前の・・・?
昨日はいい天気でした。・・・と言ってる内に日付変更線を越えましたね(汗。
自宅周辺にはまだ雪がたくさん(例年に比べれば全然少ないですけど・・)ありますが、日差しは春の陽気。
そんな訳で自宅に閉じこもっていてはもったいないと思い、車庫兼物置兼作業場からゼファー1100を引っ張り出し、洗車してやりました。
長い間放置していたので薄っすらと埃をかぶり、うす汚れています。
屋外の水道は凍結防止の処置で雪囲いしてあるので、自宅からバケツに水を汲み、タオルに含ませた水で水洗いです。洗車ついでに油と埃でコテコテに汚れたドライブチェーンを手入れし、油にまみれたリアホイールも洗浄してやりました。

改めて眺めたゼファー1100
エンジンのアルミ地が曇ってたりして若干ヤレた感じですが、陽光に照らされピカピカです。
ハーレーを手に入れたのですから、コイツは手放さなくてはいけない(泣。それは分かっているけど、ゼファーが気に入らないから・・・だからハーレーにした訳ではないのです。

c0083858_2344673.jpg


ゼファーは今見てもスゲーカッコイイと思う。
タンクからテールへと続く柔らかく流麗なライン。とかく「Z-Ⅱもどき」だとか思われがちなデザインですが、空冷Zと水冷Zを上手く融合した「カワサキのアイデンティティー」を感じさせる良いデザインだと自分は思います。
エンジンに関しては「これで1100?」と思える程に大人しい性格で、「大排気量大馬力こそがスポーツバイクである」と言う、今の流れからは程遠いエンジン性能。しかし、扱いきれるパワーは「1100にして全開走行が怖くない!」と思わせるし、直四エンジンならではの楽しみも、お手軽に味あわせてくれるものです。

c0083858_23454057.jpg


直四エンジンを全開にした時、集合管から吐き出されるエキゾーストノートは「官能の雄叫び」です。その官能を怖くないレベルで十分堪能できるのですから、ゼファーって類まれなキャラの楽しいバイクだと思うのです。
大きさや重さも、スポーツバイクとしては欠点なのでしょうが、「デカイバイクに乗ってる」と意識させてくれるし、この重さのバイクでスポーツする事が「男」・・・否「漢」なのではないかと(笑

c0083858_2346508.jpgハーレーの存在が無ければ、おそらく「ずーっと乗り続けた」だろうし、ハーレーの次に興味があったのはスポークホイール仕様のゼファー1100RSだし、それぐらい良いバイクだと思っています。

なので、空冷四発エンジンの「スタンダードバイク」として、カワサキの良心として、今後も生き残り続けてくれるものと信じていました。
信じていましたが・・・色々なバイク雑誌を見ると、ゼファー1100は750共々今季限りでカタログ落ちするとか
なぜだーッ!?」と思います。

カミさんに内緒で契約した、中古のゼファー1100。
納車後三日経っても存在に気付いてもらえず、余りに気持ち悪くて「車庫をチェックしてくれ~!」とお願いし、「幾らで買ったの?」の質問に「30万!」とソッコー嘘をつき、後に本当の購入金額がバレて土下座したことも。

モディファイに関しては、納車時にツキギの集合管WR‘Sのバックステップを入れました。ツキギ管にしたのは「カワサキならBEETか月木だろ!」と言う拘りから。バックステップはスポーツへの憧れ。集合管にしたらバンク角が減ったので、ワークスの車高調を入れて車高を稼ぎ、結果キャスターが立ったので旋回性が上がりました。
・・・ような気がします。ホントは良く分かりません(^^;ゞ

c0083858_23475226.jpg


シート高が上がり、ますますバイクがデカく感じられ自己満足したものです。
そして、このバイクで初めての海外(四国&九州)ツーリングも経験しました。
手放す日が刻一刻と近づく今、悔いが残るとすればリアサスをオーリンズに、ハンドルバーをハリケーンのスワローハンドルにしたかったこと・・・

思い出一杯、夢一杯。
嫁ぎ先が決まるその日までに、もう少し綺麗に磨きこんでやるつもりです
by h-neco | 2007-02-07 00:10 | 鉄馬の厩
<< 58回目~!! 初回点検 56回目~!! いつになったら... >>



07,FXDBダイナストリートボブと、既婚40男が送る、庶民派(?)田舎っぺハーレー生活♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧