タグ:カワサキ ( 5 ) タグの人気記事
147回目~!! ZZR1400&ローキン・クラシック
「欲しいモノは、悩む前に買う!」

公言こそしませんが、行動でそれを示し続けている「ある男」の事を、皆さん覚えていますでしょうか?
結婚しているにも関わらず、その購買行動は凄まじく、周囲の既婚男子(主にカミさんの尻に敷かれている男)たちから、羨望の眼差しを集め続ける男。
そう、男の中の漢・ダッチさん(←134回目・参照)です。


c0083858_1611351.jpgきっかけは、この正月に送られたきた彼からの一枚の年賀状でした。
そこには一台のハーレーの写真。
手書きコメントは「今年、飲みましょう!」ただ一言だけ( ̄□ ̄;

あまりにも不親切やないかいッ!!

ハーレー買ったのかどうか、早速彼にメールしました。
以前、ワタクシのストリートボブを試乗し、満悦だった彼の事です。

「ついにハーレー買っちゃった、みたいな♪」

そんな軽いノリの返事が聞けるかと思っていましたが、返事は「NO!」でした。
そればかりか、「ZZRだって、まだ家にあるよ~ン♪」と言います。

嘘では無さそうですが、でも何か腑に落ちません

そして昨日の事。
ワタクシ、事の真偽を確かめるべく、行って参りました。
自宅から約30km。彼の家を目指し、雪道を走ること約40分。
日も傾きかけた夕方の4時過ぎ。彼の案内でガレージを覗きました。



ウヒャァァァ━━━━━━(゚Д゚;)━━━━━━!!!!!!



c0083858_1434235.jpg
メッキも眩い、威風堂々としたスタイリング!
08年式ハーレーダビッドソン FLHRC ロードキングクラシックです。
そしてその隣には・・・



ウヒョォォォォ━━━━━━(゚∀゚;)━━━━━━!!!!!!



c0083858_14345925.jpg
オーバー300Km/h!スーパーグランツーリスモ・カワサキZZR1400!!



「2台とも手放す気は無いンだ~♪」



約1年前、ハーレーと引き換えにカワサキ最後の空冷四発と知りながら、愛着もひとしおのそのバイクを、「泣く泣く」手放した自分であります。
できうるなら・・・車検とか受けなくてもいいから、手元に置いておきたかった_| ̄|○∥

そんな自分の気持ちなど知るハズも無く、しれっと言い放つダッチ氏のセリフ。
嫉妬の炎がメラメラと燃え上がったのは言うまでもありません。

しかし・・・この男。ついにやったと言うか、やっぱスゲエです。
華麗なる彼のバイク歴に、新たな1ページを記しました。

ハーレーとGTマシ~ン

羨ましすぎる取り合わせ。

ちなみに、ダッチ氏はワタクシと同じ職種。いわゆるサラリーマン
セレブリティーな世界で生きているワケでは無い(!)のに、この行動力Σ( ̄□ ̄;

大丈夫なのか?やって行けんのか?

いやね、経済的な事ばかりでなく、夫婦仲とかも
他人事ながら心配してしまいます(;´Д`A゛

こうして、ハーレーダビッドソンのマーケティング戦略に貶められた日本人が、また一人誕生したワケで、何はともあれ鉄馬乗り増殖中です。



一緒に走れる、春が楽しみだッ♪






にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
by h-neco | 2008-01-22 16:43 | ハーレーな日
113回目~!! 「走り屋」はいずこに?
ひと雨降るごとに、涼しさを増してる今日この頃。
と言っても、ここ芸北の話ですが・・・(汗。
まだまだ残暑の厳しい地域もあるのでしょうね(^^;

さて今回は、107回目「あの頃、僕は若かった」の後日談です。

20年前、色々あってGPz400Rを手放したワケですが、わずか半年乗ったぐらいで、自分のリビドーが満足できるハズもありません。
ハタチを迎えたばかりの若い男子の欲求は底なしです(爆。
しかしながら、手元に無いバイクのローンは払わなければならないし、給料は安いし・・・。

でもやっぱりバイクは止められなくて、翌春にはカワサキGPz400Fを中古で購入。
いわゆる「空冷GPz」と呼ばれるモデルです。
DOHC・2バルブ、最高出力51馬力のエンジンは、後のゼファーへと受け継がれました。

c0083858_1144055.jpg

本来カウル付きのバイクですが、カウルを取っ払って丸ライトにチェンジ!
GPz400F-Ⅱというノンカウルモデルもありましたが、敢えてFをネイキッド化するのが粋だと思っていました。
何と言っても、あのメーター。スピードとタコの大きさが違う、あのデザインが好きだったし、400R登場以前は自分の中でNo.1なバイクでした。
とは言うものの、最新鋭(当時)の400Rに比べ明らかに前時代的な400F。
でも、コイツは良いバイクでしたよ。非力ゆえに「全開」にしても怖くなかったし、前後18インチのタイヤレイアウトは素直な操縦性で、腕を磨くべく随分と峠に通ったものです。

c0083858_11445659.jpg←自分が気に入ってる、一番まともな当時の走りの写真。

タイヤ、細っ!
それに寝てない
Σ( ̄◇ ̄;

純正でリア110サイズですが、無理やり120サイズを履かせていました(笑
それでも、今ならフロントタイヤのサイズですね~(^^;。

場所は町内の大規模林道。
近郊から「走り屋」がたくさん来てたのを思い出します。

あの頃はそこら中に「走り屋」がいたもんだけど、今はどうしてるのでしょう?
峠を走ってるのは4輪ばかり。
ハングオンをキメて、華麗にコーナーを駆け抜けるバイク乗り・・・もう、絶滅したのかなぁ。

じゃあ、オマエがやれば?

そう言われると、そうなんだけど(汗。
でも今、あんな走りしろって言われても絶対無理ッス(^_^;。
あの頃だって速かったワケじゃないし、全然ヘタレだったし・・・

リスクを負って公道で危険な走りするより、サーキットでスポーツランを楽しむ賢いバイク乗りが増えてるってコトなんでしょうね。

貧乏だった(今はハーレー貧乏!)ので、ほとんどノーマル状態で乗っていたGPz400F。
無鉄砲だった20才からの3年間、ヒマさえあれば峠通いしていた頃の良き相棒でした。


にほんブログ村 バイクブログへ
by h-neco | 2007-09-04 12:14 | バイクの思い出
107回目~!! あの頃、僕は若かった
夏休みも残りわずかとなりました。夏休みと言うのは、もちろん!子供の夏休みです。
そろそろ宿題の追い込み時期に突入ですが、小学生くらいの子供を抱えるお父さん・お母さんバイク乗りは、バイクなんぞに乗ってる場合じゃなくなってきますね(笑。
誰のための宿題なのか、よーわからん感じです。
ウチの子らは、ちゃんとやってくれてるんでしょーか?
親が親なので、子供のやることは・・・とっても不安です

話しは変って、古い写真の整理などをしていると、スゲー懐かしい写真に出会えたりします。それがバイク関連のものだったりすると、「いやぁ、若かったなぁ・・・」などとバイク好きな自分は思うワケで、今回はそんな話です。

自分がバイクに乗り始めたのは、就職2年目の春からでした。
中学時代からバイクに興味を持っていたものの、例の悪名高き「3ナイ運動」の煽りで乗れなかった、その思いのたけを晴らした瞬間でした。
今でもやってんのかねェ、3ナイ運動?

c0083858_15265892.jpg

―― で、初めて買ったバイクは水冷4発のカワサキGPz400R
しかも新車!更に言えばBEETの集合管付きです。
レーサーレプリカ全盛の当時、アンチレプリカ路線で大ヒット(?)したカワサキの名車です。
丸っこくてカタマリ感溢れるデザインと、130のリアタイヤが当時凄く太く感じて「ス・テ・キ!」とうっとりしたのを思い出します。

でもこのバイクとの蜜月は短くて、「可哀相なコトをした」と、今でも思います。
GPz400Rを納車して2ヶ月ちょっとのある晩。
高校卒業以来、久しぶりに会うツレと夜のドライブを楽しんでいました。ツレはクルマで、こっちはバイク。街灯も無い真っ暗な田舎道。先行するツレのクルマを抜きました。

「クルマなんて軽いゼ!」

バックミラーの中で遠ざかるツレのライト。
ふと前を見た瞬間、飛びました。夜のあぜ道を(笑
マッドマックスのジム・グースばりの大ジャンプ!!
バイクは田んぼに飛び込み、自分も道路下2mぐらいのあぜ道に落下。背中から地面に叩きつけられ、息ができなかった記憶があります。

c0083858_15382083.jpg幸い怪我も無く、バイクも十数万円かけて修理復活。
でもその数週間後、またまた転倒。まったく学習能力がありません。
その後クルマも事故で全損し、次のクルマの購入(冬は雪国なので車がないと生きていけません)のため、泣く泣くGPzを手放したのです。
この間わずか半年の出来事でした。

「もしかして最強?」という若さゆえの勘違いにより、悲劇のバイクとなったGPz400R。
バイクは無くなり、ローンだけが重~く安月給にのしかかりました。

c0083858_15311433.jpg

「あんたに高額保険金を掛けたよ~。」

心配した親がそう漏らしたのは、この年の秋だったように思います。
今から20年も前の出来事でした。




にほんブログ村 バイクブログへ
by h-neco | 2007-08-23 16:21 | バイクの思い出
83回目~! マッハ!!!!
先週の土曜日、家族みんなでハーレーの展示会に行ってきました。
中国地方のハーレー・ディーラーが一堂に会し、ほぼ全車種とも呼べる新車・中古車の大展示会です。この展示会、例年この頃の時期に行われており、数年前から気になっていました。

「既にハーレー持ってるのに、そんなトコに行ってどうすんの~?」

カミさんの疑問もごもっとも。
自分自身「そうよねぇ・・」と思いつつ、一度も行ったことなかったので「向学のために・・」と理由付けし、娘2人も引き連れて「いざ行かん!中小企業会館へ!!」なのでした。

で、行った感想です。
まぁ、何と言いますか・・・イマイチ?

これからハーレー・オーナーとなろうとしてる人、若しくはハーレーに興味のある方。
これらの方々を対象にしたイベントなので、買い替えを考えてないハーレー乗りには用の無いところでした。
まぁ、当然と言えば当然です。展示会なのですから・・(汗。

期待ハズレで、少~し残念な気持ち。でも、それを吹っ飛ばす事がこの後に待っていたのです。ゴハンを食べようと、会場を後にするため駐車場に向かった時でした。

「うおッ!? こ、これわぁぁぁあッ?」

ある一台の単車が目に飛び込み、ブルーな気持ちを一気に吹き飛ばしました。
c0083858_23403090.jpg2サイクル空冷並列3気筒エンジン・・・タンクには“KAWASAKI”の大文字エンブレム!



「け、KH250?いや・・・もっと古い?もしかしてこれは、マッハ!? 250SSでは!?」

初めて見るカワサキ往年のバイク。
ホントにそうなら、もうハーレーどころではありません
とにかく、この目の前にあるバイクが何なのか、何年式なのか、それを知りたい!
即断できる知識が自分に無い以上、こりゃあ持ち主には申し訳ないけど無許可で撮影するしかありません。
っつー事でデジカメでソッコー撮りまくり。その画像を後で検証することにしました。

自宅に帰り、雑誌片手に外装の見える範囲で検証開始です。

c0083858_23433397.jpg

タンクのカラーリング、跳ね上がったテール、フロントのドラムブレーキ、チェーンカバーの丸い肉抜きなどなど・・・。
これらの特徴から考え、判断したところ、1972年式 カワサキ250SS、通称マッハⅠであると判明しました。カワサキ旧車乗りは、似たエンジンの車両に外装取っ変えで「なりすまし」なんて楽しみ方をする人もおられるので「ホンマにそうなんか?」と言われれば自信ありませんが・・・(汗。

c0083858_23471059.jpgカワサキの旧車だと、いわゆる「Z系」は良く見ますが、2スト・トリプルのマッハはホント珍しいので「凄く良い物を見た~♪」って気分になりました。
・・・と言うワケでハーレーそっちのけでしたが、ハーレー展示会万歳!です。



☆★明日の予定★☆

明日は前の職場の同僚らとツーリング予定。
周防大島を再び目指します。雨が降らなきゃいいけど・・・。
つか、それなのにこんな時間まで起きていていいのか?
早く風呂入って寝るべし!
by h-neco | 2007-06-18 23:55 | ハーレーな日
57回目~!! 嫁入り前の・・・?
昨日はいい天気でした。・・・と言ってる内に日付変更線を越えましたね(汗。
自宅周辺にはまだ雪がたくさん(例年に比べれば全然少ないですけど・・)ありますが、日差しは春の陽気。
そんな訳で自宅に閉じこもっていてはもったいないと思い、車庫兼物置兼作業場からゼファー1100を引っ張り出し、洗車してやりました。
長い間放置していたので薄っすらと埃をかぶり、うす汚れています。
屋外の水道は凍結防止の処置で雪囲いしてあるので、自宅からバケツに水を汲み、タオルに含ませた水で水洗いです。洗車ついでに油と埃でコテコテに汚れたドライブチェーンを手入れし、油にまみれたリアホイールも洗浄してやりました。

改めて眺めたゼファー1100
エンジンのアルミ地が曇ってたりして若干ヤレた感じですが、陽光に照らされピカピカです。
ハーレーを手に入れたのですから、コイツは手放さなくてはいけない(泣。それは分かっているけど、ゼファーが気に入らないから・・・だからハーレーにした訳ではないのです。

c0083858_2344673.jpg


ゼファーは今見てもスゲーカッコイイと思う。
タンクからテールへと続く柔らかく流麗なライン。とかく「Z-Ⅱもどき」だとか思われがちなデザインですが、空冷Zと水冷Zを上手く融合した「カワサキのアイデンティティー」を感じさせる良いデザインだと自分は思います。
エンジンに関しては「これで1100?」と思える程に大人しい性格で、「大排気量大馬力こそがスポーツバイクである」と言う、今の流れからは程遠いエンジン性能。しかし、扱いきれるパワーは「1100にして全開走行が怖くない!」と思わせるし、直四エンジンならではの楽しみも、お手軽に味あわせてくれるものです。

c0083858_23454057.jpg


直四エンジンを全開にした時、集合管から吐き出されるエキゾーストノートは「官能の雄叫び」です。その官能を怖くないレベルで十分堪能できるのですから、ゼファーって類まれなキャラの楽しいバイクだと思うのです。
大きさや重さも、スポーツバイクとしては欠点なのでしょうが、「デカイバイクに乗ってる」と意識させてくれるし、この重さのバイクでスポーツする事が「男」・・・否「漢」なのではないかと(笑

c0083858_2346508.jpgハーレーの存在が無ければ、おそらく「ずーっと乗り続けた」だろうし、ハーレーの次に興味があったのはスポークホイール仕様のゼファー1100RSだし、それぐらい良いバイクだと思っています。

なので、空冷四発エンジンの「スタンダードバイク」として、カワサキの良心として、今後も生き残り続けてくれるものと信じていました。
信じていましたが・・・色々なバイク雑誌を見ると、ゼファー1100は750共々今季限りでカタログ落ちするとか
なぜだーッ!?」と思います。

カミさんに内緒で契約した、中古のゼファー1100。
納車後三日経っても存在に気付いてもらえず、余りに気持ち悪くて「車庫をチェックしてくれ~!」とお願いし、「幾らで買ったの?」の質問に「30万!」とソッコー嘘をつき、後に本当の購入金額がバレて土下座したことも。

モディファイに関しては、納車時にツキギの集合管WR‘Sのバックステップを入れました。ツキギ管にしたのは「カワサキならBEETか月木だろ!」と言う拘りから。バックステップはスポーツへの憧れ。集合管にしたらバンク角が減ったので、ワークスの車高調を入れて車高を稼ぎ、結果キャスターが立ったので旋回性が上がりました。
・・・ような気がします。ホントは良く分かりません(^^;ゞ

c0083858_23475226.jpg


シート高が上がり、ますますバイクがデカく感じられ自己満足したものです。
そして、このバイクで初めての海外(四国&九州)ツーリングも経験しました。
手放す日が刻一刻と近づく今、悔いが残るとすればリアサスをオーリンズに、ハンドルバーをハリケーンのスワローハンドルにしたかったこと・・・

思い出一杯、夢一杯。
嫁ぎ先が決まるその日までに、もう少し綺麗に磨きこんでやるつもりです
by h-neco | 2007-02-07 00:10 | 鉄馬の厩



07,FXDBダイナストリートボブと、既婚40男が送る、庶民派(?)田舎っぺハーレー生活♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧