27回目その弐!! スポスタ試乗~♪
おお~寒っ!
11月と言うのに穏やかな天気が続き、例年に無く暖かいなぁ・・・と思っていたのもつかの間、今日は「白いもの」がぱらつきました。
白いものと言うのは、そうです「雪」です。いや、雹かな?
でも雹は夏に降るもんだっけ?
まぁ、何にしても積もるほどでは無く、でもここ八幡では一足早い冬の訪れを感じました。
と、同時に「バイクの季節」が終わったって事でもあります。
少々、寂しくもあり、車検も受けれない自分には関係なくもあり・・・と複雑な心境。
てなワケで前回の続き、行きます!

c0083858_16572867.jpg革ジャンにジーンズ、ヘルメット片手にやってきた自分の姿を見て、即座にくだんの先輩は悟りました。
「なんやぁ?何しに来たんなら?お前に乗せるハーレーはねぇっ!!」
ささやかな抵抗を試みるも、渋々とスポーツスターのキーを取り出します。
うむ、大量の差し入れが効果を発揮しました。
暖機運転の必要性、コーナーリング時の注意、スロットルレスポンス等々、国産スポーツ車に乗る自分に、ハーレーとの違いをレクチャーする先輩ですが、その顔は嬉しそう。
同じ価値観を共有できるヨロコビでしょうか?
あなたのハーレーを理解できる人間は、職場内ではこの自分だけっスからね!
では、早速拝借。
「おい!分かってるよな?」
先輩の顔がにやけます。
バイクを他人に貸すのは、好きな女を貸すようなもの・・・
その男の気持ちを察しろと

c0083858_17252060.jpgこれは以前、彼がよく言っていた台詞です。
実際、好きな女を他人に貸すような男はいないだろうし、いるとすればその男女の関係は終わっているとも言えますが・・・(笑)。
「分かってますよ。傷一つ付けずにお返しします。」
チョークノブを引き、エンジンスタート!
車体全体がブルッと小刻みに震え、Ⅴツインのエンジンが目覚めます。
四発エンジンの起動とは明らかに違う有機的な目覚め方。しかし、1450ccのツインカム88・ダイナ系よりは振動が小さく、大人しいものにも感じます。
暖気が終わり、いざ出陣。
スロットルを開け、クラッチを繋ぐと、押し出されるようにバイクが動き出します。この押し出されるような感じは、あのダイナ系と同じ。
職場の敷地から車道へ。
左に車体を軽くバンクさせると「ガリッ!」とサイドスタンドが接地。
「え~っ!! このぐらいで接地すんのかい?」
バンク角の少なさは、このスポーツスターがオリジナルではなく、リアサスペンションをローダウンしているからですが、それにしても浅すぎる(汗)。
そう思うと同時に、先輩の視線が背中に刺さるのを感じます。
すんません。さっそく傷モノにしちゃいました(汗)。
でも、止まらない!行っちゃうもんね~♪
アクセルを開けると「どーっ!」って感じで、低速トルクの発進加速はやはり異次元の感覚。
気持ちよくて、思わず顔がにやけます。先輩が気にするスロットルレスポンスも悪くなく、アクセルを捻ったときに出る、息継ぎのような症状(?)もありません。
交通量の少ない二車線の道に入り、アクセルを開けると、暴力的では無いもののぐんぐん加速。法廷速度+αで流しながら、ゆるいカーブを尻でコントロールしつつ、するすると抜けます。いつものkawasakiならそれほどの速さを感じない速度域ですが、不思議とスピード感がたっぷり!だからと言ってバイクに不安があるとかではなく、その速度域でもスポーツを感じさせるし、十分楽しいのだ。
何なのだろう?
これはダイナでも感じたけど、ハーレーの特性なんだろうか?
相対的には遅いと思うし、国産スポーツ車とツーリングをすれば、恐らく置いて行かれる存在だと思うけど、でも、それでもハーレーのこの楽しさは在りだ
・・・と言うか、ハーレーのこの楽しさは「唯一無二」だと思う。
さて、ここでダイナ系との違いに気がついた。
この05年式スポーツスターは、フレームへのエンジンマウント方法がダイナ系と同じラバーマウントだが、走行中のエンジンの振動がほとんど無いのだ。
ダイナ系は、ある速度域と言うか、ある一定のエンジン回転数でのみ振動の無くなるポイントがあったように感じたが、スポーツスターは普通に(?)流している限りでは、全域で振動が無いように感じた。
c0083858_1704465.jpgこれは排気量の大きさによる違いなのか、車体全体の設計が違う事によるものなのか分からないが、とにかく振動が少ない。
もしかしたら、ダイナに試乗した記憶が薄れかけているからかもしれないし、ハーレーの試乗も二度目だから、鼓動感と言うか、振動に対する慣れが生じていて、それを感じる人間の感受性も鈍っているだけかもしれない。
こうなると、いつかもう一度ダイナに乗ってみたくもなる。
ルートは、牧場を通り抜ける直線に入った。
一車線しかない細い直線が続き、道路の左右には牧場の原野やススキ野原。勝手なイメージだけど、ハーレーにはこういう景色が良く似合う気がする
ここを抜けると、後は国道経由で帰るだけだが・・・ふとある思惑が浮かんだ。
うむ。これはまたとない機会なのだ
「少し、寄り道をしてみるか・・」
またまた続く
by h-neco | 2006-11-07 17:45 | ハーレーへの道
<< 27回目その参~!! 最高の笑顔? 27回目その壱!! ある計画を... >>



07,FXDBダイナストリートボブと、既婚40男が送る、庶民派(?)田舎っぺハーレー生活♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
リンク
以前の記事
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧